復興の歩み  石巻前網浜

ひろしの散歩道

  • ひろしの散歩道
    こちらのブログも私が公開しているものです。「復興の歩み 石巻前網浜」 の姉妹編です。どうぞこのブログも見て下さい。

東北古代史 蝦夷と城柵・官衙

歴史探訪 陸奥国・諸国 延喜式内社

ひろしの祈り 神社・寺院巡る旅

ふるさとの祭と民俗芸能

キャンナス

3.11被災女子学生奨学基金

  • 3.11 被災女子学生奨学基金
    この基金は、東日本大震災で被災した若い女性が、 困難に負けずに将来の可能性を拓いてゆくことを願って発足しました。 就学支援をするものです。
無料ブログはココログ

地図

« 明王山 大聖寺  福島県桑折町 | トップページ | 関山 中尊寺 岩手県平泉町 »

2015年9月25日 (金)

瑠璃光山 医王寺  福島市飯坂

162146

福島市飯坂に 真言宗豊山派 瑠璃光山 医王寺がある。

平安時代天長3年(826)に開基したお寺であり、奥州三十三観音 特別霊場であります。

弘法大師作の薬師如来をおまつりし、霊験あらたかで数多くの人々の信仰を集め鯖野も薬師と呼ばれ親しまれております。

また、佐藤家の遠祖、一族の菩提寺でもあります。

169_2    

内門 ↑

028

医王寺本堂 ↑

030

本堂 ご本尊大日如来↑

この地域は信夫といい治承の昔(1177)佐藤基治が当地の大島城を居城とし、奥州南部を治めていました。
その頃、平泉の藤原秀衡のもとにあった源義経が源平合戦の旗揚げした折、その子継忠・忠信の二人を遣わしました。
義経を守るべき使命をおびた兄弟は、平家との対戦で目覚ましい活躍をしましたが、惜しくも兄継忠は屋島の合戦で義経の身代わりとなって討ち死にしました。
その後、義経が兄頼朝と和w失い、都で追手に遭い攻められた時、弟忠信は「義経」を装って敵をひきつけ、その間に主従一行を脱出させることが出来ました。
しかし自分は討ち死にしました。

035

奥の院 薬師堂、その後が佐藤一族 墓所 ↑

その後、弁慶らとともに奥州に入った義経一行は平泉へ向かう途中この寺に参籠し、遺髪を埋めて二人の追悼の法要を行いました。

034

左から忠信公、義経公、継信公 ↑

038

継信公・忠信公の墓 ↑

024

040

乙和の椿 ↑

基治、乙和御前夫妻の墓碑の傍らにある古木で、乙和御前の悲しみ、母情が乗り移ったのか、つぼみのままで開かずに落ちてしまう椿です。

いつしか人は、この椿を乙和の椿と呼ぶようになりました。

041

045

本堂山門を出て老杉の並木道を進むと、奥に奥の院 薬師堂があります。↑

046


023

鐘楼堂 ↑

« 明王山 大聖寺  福島県桑折町 | トップページ | 関山 中尊寺 岩手県平泉町 »

奥州三十三観音の旅」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 瑠璃光山 医王寺  福島市飯坂:

« 明王山 大聖寺  福島県桑折町 | トップページ | 関山 中尊寺 岩手県平泉町 »