復興の歩み  石巻前網浜

ひろしの散歩道

  • ひろしの散歩道
    こちらのブログも私が公開しているものです。「復興の歩み 石巻前網浜」 の姉妹編です。どうぞこのブログも見て下さい。

東北古代史 蝦夷と城柵・官衙

歴史探訪 陸奥国・諸国 延喜式内社

ひろしの祈り 神社・寺院巡る旅

ふるさとの祭と民俗芸能

キャンナス

3.11被災女子学生奨学基金

  • 3.11 被災女子学生奨学基金
    この基金は、東日本大震災で被災した若い女性が、 困難に負けずに将来の可能性を拓いてゆくことを願って発足しました。 就学支援をするものです。
無料ブログはココログ

地図

« 大悲山 観音寺  福島県桑折町 | トップページ | 瑠璃光山 医王寺  福島市飯坂 »

2015年9月17日 (木)

明王山 大聖寺  福島県桑折町

112 158

福島県桑折町に 奥州三十三観音第13番札所  明王山 大聖寺があります

真言宗豊山派のお寺です。

114

本堂は建立年代は明らかではないが、明和2年(1765)に大修理が施されたと記録されている。
ご本尊の阿弥陀如来が安置され、本堂入口には「瑜祇殿」の扁額が掲げられている。
草創の縁起など古い寺歴については明らかでないが、文化2年(1805)の大聖寺由緒書上げには、常西寺観音の別当寺で、寛永元年(1624)に宥甚法印が再興し、後に保原の長谷寺の末寺となったと記されている。

116_2

本堂に向かって左の石段を上がったところに観音堂がある。
常西寺観音と呼ばれ、往時は補陀山常西寺と号する独立した寺であった。
縁起について明らかでないが、一説では、名取老女旭がこの地に草堂を結び、弘法大師作の白檀の聖観世音菩薩を本尊とし、その後平泉の藤原秀衡がこれを再興したと伝えられている。
補陀山常西寺時代の御本尊白檀の聖観世音菩薩は等身仏であったが、何故か今では頭部だけが残って伝えられ、大聖寺の寺宝として秘蔵されている。
その御開帳は三十三年に一度で、最近では昭和59年に行われた。
また、前仏の御開帳は毎年4月第2日曜日となっている。
 
117

観音堂 本尊 聖観世音菩薩 ↑


119

観音堂の左側にある鐘楼 ↑

115_2    

本堂左手にある地蔵堂 ↑

113_2

« 大悲山 観音寺  福島県桑折町 | トップページ | 瑠璃光山 医王寺  福島市飯坂 »

奥州三十三観音の旅」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明王山 大聖寺  福島県桑折町:

« 大悲山 観音寺  福島県桑折町 | トップページ | 瑠璃光山 医王寺  福島市飯坂 »