巡礼 奥州三十三観音

ひろしの祈り 神社・寺院巡る旅

ひろしの散歩道

  • ひろしの散歩道
    こちらのブログも私が公開しているものです。「復興の歩み 石巻前網浜」 の姉妹編です。どうぞこのブログも見て下さい。

ふるさとの祭と民俗芸能

東北古代史 蝦夷と城柵・官衙

歴史探訪 陸奥国・諸国 延喜式内社

復興の歩み  石巻前網浜

最近のコメント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第16番 西の高野山 弘法寺 つがる市木造 | トップページ | 第13番 古懸山不動院 國上寺  青森県平川市碇ヶ関 »

2016年10月12日 (水)

第15番 金剛山 最勝院   弘前市

Img_4060_1 Dsc_5185_2

新仁王門 ↑

第15番 金剛山 最勝院は弘前市にある真言宗智山派のお寺です。

弘前ねぷたまつりで知られる弘前市の中心部、弘前城の南方の禅林街および新寺町と呼ばれる地区には46の寺院が立ち並ぶが、その中で長勝寺と並ぶ代表的寺院であり、市民からは「五重塔の寺」として親しまれている。
 
江戸時代初期に弘前藩2代藩主津軽信枚が弘前城を築城したことに伴い、慶長16年(1611)城の鬼門、田町に寺院を移し、弘前八幡宮の別当寺とされた。
12か寺の塔頭を従え藩の永世祈願寺となった。

Img_4069_1

本堂 ↑

明治時代の神仏分離令によって最勝院以外の11か寺は廃寺となり、最勝院は廃寺となった寺院の檀家衆を引き受けて現在地(旧大圓寺跡)に寺籍を移転した。
なお、大圓寺は弘前市に隣接する大鰐町に移転している。大圓寺は東北36不動尊第14番ン札所です。



Img_4067_1

本堂は1970年再建、本尊大日如来。
「猫突不動明王」と通称する不動明王などが祀られています。

Img_4068_1

五重塔 ↑

寛文7年(1667)完成した旧大圓寺の塔です。高さ31.2m。


Img_4077_1_2

新仁王門 ↑

Img_4062_1

仁王像 ↑↓



Img_4063_1


Img_4075_1


鐘楼 ↑


Img_4076_1

最勝寺の鐘  平和の鐘です ↑  


Img_4071_1
 

Img_4074_1

Img_4078_1

« 第16番 西の高野山 弘法寺 つがる市木造 | トップページ | 第13番 古懸山不動院 國上寺  青森県平川市碇ヶ関 »

東北三十六不動尊霊場の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第15番 金剛山 最勝院   弘前市:

« 第16番 西の高野山 弘法寺 つがる市木造 | トップページ | 第13番 古懸山不動院 國上寺  青森県平川市碇ヶ関 »