« ホヤ養殖作業 | トップページ | お正月を迎える神事  前網五十鈴神社 »

2012年12月25日 (火)

ホヤ養殖 かき殻を海に入れる作業

「海のパイナプル」と呼ばれる「ホヤ」はここ前網、寄磯地区が宮城県の生産の中心地です。
Rimg0222

12月24日から前網生産組合ではホヤの種苗(幼生)をかき殻に付着させる作業を行っています。冬至から正月にかけて、水温が10℃~11℃一斉採卵が大規模に起こるそうで、今がカキ殻に幼生を付着させる大切な時期だそうです。
ホヤの幼生はカキ殻に付着します。カキ殻に穴を開けてロープを通したものを、ホヤ筏(延縄)に吊るす作業です。

0071

[カキ殻にロープを通す作業を行っている漁師]
0161

[港の近くには、ロープが通しされたカキ殻が積まれています]
0091

昨年は規模縮小して養殖スタートしましたが、今年は本格的な作業です。
それにしても、ホヤは養殖して販売まで3年という長期間かかります。
収入を得るのは、まだまだ先のことです。

 

« ホヤ養殖作業 | トップページ | お正月を迎える神事  前網五十鈴神社 »

震災復興の歩み」カテゴリの記事

コメント

ボランティアの方々皆さま方のお陰様で『カキガラ』ホヤの原盤を投入出来ました。来年5月頃に肉眼でも見えると思います。楽しみです。本当にありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホヤ養殖 かき殻を海に入れる作業:

« ホヤ養殖作業 | トップページ | お正月を迎える神事  前網五十鈴神社 »

  • 024_1
  • 025_1
  • 027_1
  • 030_1
  • 033_1
  • 036_1
  • 037_1
  • 038_1
  • 039_1
  • 040_1
  • 040_1_2
  • 041_1

ふるさとの祭と民俗芸能

東北古代史 蝦夷と城柵・官衙

歴史探訪 陸奥国・諸国 延喜式内社

巡礼 奥州三十三観音

ひろしの祈り 神社・寺院巡る旅

ひろしの散歩道

  • ひろしの散歩道
    こちらのブログも私が公開しているものです。「復興の歩み 石巻前網浜」 の姉妹編です。どうぞこのブログも見て下さい。

3.11被災女子学生奨学基金

  • 3.11 被災女子学生奨学基金
    この基金は、東日本大震災で被災した若い女性が、 困難に負けずに将来の可能性を拓いてゆくことを願って発足しました。 就学支援をするものです。

地図

キャンナス