« 復興 獅子舞(1月2日) リニュアル版 | トップページ | キャンナスの支援で編物教室 »

2012年3月16日 (金)

東京海洋大学 馬場教授からのアドバイス

Photo

      (生産組合 前網定置網部の皆さん)

先日、東京海洋大学 馬場治教授、 宮城水産高校 鈴木教諭
と前網定置網部のみなさんとの懇談会がありました。
   (お酒なしですよ  誤解のないように  (゚▽゚*))

その席に図々しくも,私も参加させていただきました。
浜の皆さんは今後の沿岸漁業について、レクチャーして頂きました。

1_2

①個人経営から 生産組合(法人組織)に移行するにあたっての漁業経営について

②会計処理する人の育成

③魚介類の販路

④定置網の設置の仕方
   
など、多方面にわたって教えていただきました。
 「いつでも、相談にのってくれる。」との馬場教授からのお言葉を頂き、前網浜の漁師にとっては、心強い味方(支援者) です。
 
宮城水産高校鈴木教諭は地元牡鹿半島の出身です。
地元の浜を良くご存じで、ありがたい適切なアドバイスをして頂きました。

今後もよろしくお願いします。

漁業について全くの素人の私にはとっても大変勉強になりました。

馬場 治 さん 略歴
高知県生まれ。
1984年東京大学大学院農学系研究科博士課程修了。
現在、東京海洋大学(旧東京水産大学)海洋科学部教授
漁業管理の制度や実態、漁業経営、水産物流通など、水産業の社会経済的側面に関する教育研究に携わる。
農林水産省独立行政法人評価委員会農業分科会専門委員、東日本大震災復興構想会議検討部会専門委員等。

生産組合とは?
水産業協同組合の一種で,生産面の協同化を図るための組織。労働の協同化を中心とした人的結合体であるから准組合員は存在せず,組合員の3分の2以上は組合事業に常時従事する者であること等が必要である。

石巻前網浜で定置網とホヤ養殖でガンバル生産組合の皆さんにご支援お願いします

 

« 復興 獅子舞(1月2日) リニュアル版 | トップページ | キャンナスの支援で編物教室 »

復興支援」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京海洋大学 馬場教授からのアドバイス:

« 復興 獅子舞(1月2日) リニュアル版 | トップページ | キャンナスの支援で編物教室 »

  • 024_1
  • 025_1
  • 027_1
  • 030_1
  • 033_1
  • 036_1
  • 037_1
  • 038_1
  • 039_1
  • 040_1
  • 040_1_2
  • 041_1

ふるさとの祭と民俗芸能

東北古代史 蝦夷と城柵・官衙

歴史探訪 陸奥国・諸国 延喜式内社

巡礼 奥州三十三観音

ひろしの祈り 神社・寺院巡る旅

ひろしの散歩道

  • ひろしの散歩道
    こちらのブログも私が公開しているものです。「復興の歩み 石巻前網浜」 の姉妹編です。どうぞこのブログも見て下さい。

3.11被災女子学生奨学基金

  • 3.11 被災女子学生奨学基金
    この基金は、東日本大震災で被災した若い女性が、 困難に負けずに将来の可能性を拓いてゆくことを願って発足しました。 就学支援をするものです。

地図

キャンナス